憧れのアイランドキッチンを入れる!!暖炉を設置するのもおしゃれ!!


アイランドキッチンを備えたおしゃれな住宅

オーソドックスなキッチンのスタイルとしてI型やL型がありどちらも壁に面したタイプになります。壁に面しているので料理をする人は壁に向かってになり、ダイニングやリビングの方を向けません。子供が小さいときは子供の様子を見ながら料理をしたいと思う人もいて、家造りにおいてはそれができるデザインを建築士に依頼するときもあります。おしゃれなタイプのキッチンとしてはアイランドキッチンがあり、壁から離れたところにシンクやレンジ、その他のキッチン収納などを取り付けて造ります。キッチンが完全に独立しているのでリビングの方を向いても作業ができますしキッチンに背を向けての作業も可能です。子供が大きくなると一緒に料理をしたくなるかもしれませんが、広いアイランドキッチンなら作業の分担もしやすいでしょう。

暖炉のある温かい住宅を造る

日本の冬は沖縄以外はそれなりの寒さになります。家造りでは冬に自宅内で暖かく過ごせるよう暖房をどうするかを考えなくてはいけません。壁の耐熱性を高めてエアコンだけで部屋を暖めるのもいいですが、おしゃれに暖を取ろうとするなら暖炉を取り入れると良いかも知れません。暖炉は煙を逃がす設備が必要なので後付けで取り付けるのは大変でしょう。単に暖炉をつければ暖かくなるわけではないので、部屋を効率的に暖かくできる間取りも考える必要があります。暖炉のいいところは炎が見られるところと遠赤外線を利用して部屋を暖められる点です。取り付けたい暖炉に合わせてその周辺の内装を考えるようにすればより雰囲気のある家づくりが可能になります。

3000万の家の場合、土地の有無によって家にかけられる予算が大きく異なります。しかし、間取りや広さなどをワンランクグレードアップすることが可能です。