土地探しはどうやって始める?最初のステップを確認しよう!


土地探しは用途を詳細に決めることから始める

土地を探すときには用途を明確に決めてから始めるのが大切です。マイホームを建てたいという場合でも何人家族で住むのか、将来的に両親との同居を予定するのか、家族の通勤や通学はどうするのかといった様々な観点で考えることが必要になります。その家でどんな暮らしをするかによって求められる立地も広さも異なるからです。オフィスとの兼用の家を建てたい場合もあれば、居住用ではなく駐車場などとして不動産投資に使いたい場合もあるでしょう。その目的や予算に応じて適切な土地の条件が違うので、可能な限り詳細に用途を決めるのが肝心です。

用途に合わせて条件を決めよう

用途が決まったら具体的に土地に求められる条件をリストアップしていきます。暮らし方や勤務先、事業内容などによって立地に求められる条件が決まるでしょう。必要な機能に応じて土地の面積や形状についても厳しい条件ができるはずです。面積も広く、立地も理想的なところにしようとすると候補がなかったり、費用が高くなってしまって手が出なくなったりする場合もあります。条件の中に上限価格についても加えておいて、予算オーバーの物件は速やかに除外できるようにしておくのも大切です。

条件が決まったらあとは実際に不動産業者に問い合わせたり、インターネットサイトを使って検索したりして候補を探すだけです。実際には交渉によって表示されている価格よりも安く取引できる可能性もあることを念頭に置いて候補を選定していくようにしましょう。

ランディとは英語で「好き色な、好き者、スケベ」などの意味があります。他にも車名や人名などに使われています。